【LoL】patch6.12と今後の展望

この記事の所要時間: 425

patch6.12が実装。

Patch6.12

Ck7jGkzUkAAMRK3

の気になる部分。パッチノートはコチラ

コーキ

WとEの調整で序・中盤のパワーが少~し戻った。しかし対面する限りでは、以前の驚くようなバーストは取り戻せず、全体で見ると微妙なトコロ。

フィズ

Wのレベル毎の減少HP割合ダメージが減少し、Eのnerfも同時に受けたことで純粋に辛くなった。

また、くらい判定が大きくなったことでフィズの苦手な序盤のレーンフェイズのダメージトレードに影響しそう。しかしmidで育ったフィズはまだまだ止められないので、キルを与えないようにしたい。

シンドラ

WとEのAPratioが上方修正。今までも相手にしていて弱いかと言われるとそうでもないんだけど、強くはないといった感じ。コンセプトはわかりやすく好きなので、もう少しbuffが入れば、かなぁ。

妖夢の霊剣

現在一部のADC(ジン、ルシアン、フォーチュン、トゥイッチ)がファーストアイテムとして積むことが多い妖夢の霊剣を、他のADCコアアイテムの攻撃力を引き上げることによって調整。

妖夢の霊剣を最初に積んだ場合、今回攻撃力が引き上げられたインフィニティ・エッジ、エッセンスリーバーを最初に積むことが多い他のADCと比べて素の撃ち合いが弱くなった。アクティヴ効果はOPなので、うまく使えるならまだまだ強い。恐らくrangedが積んだ場合の弱体化でもしないと、選択肢から外れることはないだろう。

RoA

ロッド・オブ・エイジスをメインとした、「久遠」のマナ→HP変換効率が修正。アニビア・ライズ・カーサスを筆頭にRoA+涙を活かしすぎていたチャンピオンが多かったからね、仕方ないね。

マスタリー

不死者の握撃、戦いの律動を主としたマスタリーの調整。といっても今までのキーストーン選択が変わるような劇的なものではなく、微調整といった程度。

諸刃の剣、天賦の才、名誉の傷痕は部分的に改善され、今までも合っていたチャンピオンにとっては使いやすくなった。

ARAM(オールランダム)

たまに遊ぶ程度だけど、サモナースペルの雪玉(マーク/ダッシュ)以外は使える頻度が低すぎたので良い調整。他にも色々と改善されているので、暇つぶし程度には持ってこい・・・と思って遊ぶと、意外と30分とか掛かったりするんだよね、ARAMって。毎試合、もうちょい手軽に遊べるようになったら嬉しいなーと感じる。

 シーズンの現状

への感想。公式ページはコチラ

lol_promoart_8_0

ドラゴン

どのドラゴンも丁度良いバランスだと思う。マウンテンドレイク・インファーナルドレイクは後半に向かうほど強く、オーシャンドレイクは安定した強さ。

クラウドドレイクは実装時に効果だけみるとイマイチと感じたが、実際の移動速度増加を体感すると、寄り・キャッチ・集団戦後の逃走時・サポートでのワーディング/ディワーディングと恩恵を受けている場面は多い

リフト・ヘラルド

ヴォイドの目覚めは過去のヘラルドバフと違い、ソロレーンや1対1の得意なジャングラー(特にSoloQだとTop)に対して明確な有利を与えるようになった。実装時は放置されていたことも多かったけど、最近は勝っている側はもちろん、人数差がつけられてドラゴンを取りに行けない時、複数人でtopタワーを折りにいったあと等、ほぼ必ずどちらかのチームが獲得している。

もちろん2人程度の少人数で相手に見つかった際のリスクも高いため、状況は選ばなければいけないのでバランス的には良い方。

メイジ・魔力アイテム

実装時にメイジアップデートを受けたチャンピオン3弱となってしまったスウェイン、ブラッドミア、カシオペアも今では強みを取り戻し、サポートでもザイラ、ヴェル=コズ、ブランドがタンクサポートに対抗できるようになり、面白くなった。

メイジアイテムもチーム構成が全体的にAP多めになったり、アニーちゃんやブラッドミアがプロトベルトをblinkとして使用する等、中々良い変化をもたらしているように感じる。

ただしマルザハールのパッシヴ、テメーはだめだ。

ジャングルタイマー

賛否両論ありそうなこれ。言い方は少し悪いが、今までレーンにこびりついているような人も多かった中、タイマー(特に赤/青バフ)が表示されるようになったことでジャングル内でも戦闘が勃発するようになったのは純粋に楽しい。

今まで敵の行動から予測したり、ワーディングでオブジェクト管理を出来ていた人にとっては、やや不満の残るアップデートかも。

将来のゲームプレイ

patch6.13のサポートに対するアップデートが楽しみ。既にWCSに向けたアップデートも視野に入っているようなので、目が離せませんね。

ダークスタースキン

特設サイトはコチラ

超銀河(スーパーギャラクシー)の対となる(はずの)スキン、ダークスターシリーズが登場。スレッシュも中々、だけどヴァルスのQに一番心が惹かれた。

Riot_Games_Dark_Star_Thresh_Wallpaper_1920x1080 Riot_Games_Dark_Star_Varus_Wallpaper_1920x1080

壁紙も良い感じに決まってますね。

あとがき

ダイナミックキューに関連して更に新たな記事が公開されていますが、ソロプレイヤーの評価やエンブレム、更にはチームランクの復活…?前回の「チーム競技なんだからソロ/デュオでやってるやつらが消えるのはトレードオフだから仕方がねぇんだよ」みたいな話はどこへ。。

機能のないエンブレムをつけるくらいなら、こいつとこいつがプリメイドだよっていうマークでも記してもらった方が精神的にもいろいろと役立ちますね、本当に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA