【LoL】ダイヤ復帰!

この記事は約 4 分で読み終わります。

ADC、SUPメインがLoLに戻ってきた数ヶ月を振り返る。

ADC in 2022 LUL

soloQのADCが本当に不遇だと思った

過去にこそ、”ADC in 2k17 LUL” から始まり定番memeとなっているが、
パッチ12.8でハルブレイカーの調整が来るまでのADCは本当に笑えない状態だった。

というのも、ヴェインやカイサ以外をプレイ時にTOP側で化け物が育ってしまうと、
SUPがどれだけ上手くやってくれても、ADCで倒すのにかなり骨が折れる。

というか何を使っても殴る前に死ぬ

かといって上の2体を先出ししようものなら、最近だとルシアン、エズ、MF、ジン辺りが出てきて本当にしんどかった。

MID、JGは中の人次第。TOPのチャンピオン相性が大きすぎる

味方のpickで言うと、MID、JGはチャンピオン相性もあるが周りと連携しやすいためか、見ている限りはやり方次第でどうにでもなっていた。

問題はTOPで、昔はとりあえず○○をpickすれば大体は五分五分の戦いをできる、というチャンピオンがいたが、今は何を出しても明確なカウンターが存在する。(健全といえば健全)

pickの順番を変わるか聞いても無視されるし、そもそも変わって欲しい人は自分から言うw

そして1vs1に当然の如く敗北し、ハルブレイカーを積まれて1st、2ndのTOPタワー、酷いときはヘラルド込みでインヒビタワーまで折られ、TOP側を敵のjgが闊歩する壊れたゲームが多かった。

もちろん逆でキャリーして貰ったことも多々。

多分ADC同士で、”俺らいらなくね?”と思っていた試合も何度もあるだろう。

なぜなら自分達がBOTでちまちま削り合いしている中、TOPではゲームが終わってるのだから・・・。

次のパッチノートでは全チャンピオンの耐久関連のステータスがあがるため、ADCの立場もまた変わると思うので、まともにADCをやっていた人が報われるといいなあ。

魔境のADCでレートを上げるコツ

今では当たり前になってきたことも多いが、改めて認識したので一応。
細かいことを言うともっとあるけど、とりあえずこれを意識するだけでダイヤまではかなり変わった。

1.デッドを抑える

昔よりも経験値、ファームを意識している人が多いので、死なないように意識する。
味方がどう見ても無理な場所に突っ込んでしまったときは見捨てることもゲームに勝つには大事。

2.自身が強い時間は強気に行く

こちらのBOT組(ADC&SUP)が相手より強いレーニングの時間を覚える。
強気に行っていると相手のmidやjgがまともなら必ず助けに来るので、
そこで死なないようにする。

全然来ないjgもいるし、1との兼ね合いもあるため、このバランスがかなり難しい。

3.オブジェクトは1分前、戦闘の意思は10秒前にpingしてあげる

ドラゴン、ヘラルドのようなオブジェクトは1分前に。
戦闘が起きそうだが行きたくない、行けない場合は10秒前にpingしてあげると、
四天王方式で死ぬ事故が大幅に減る。

4.うるさい味方はミュートする。

どうしても文句を言い続けたり、不快なpingを出し続ける味方は存在する。
認識するだけで自身のパフォーマンスが落ちるので、間を空けて2回以上されたらミュートする。

5.近くにあるファームは譲らない

どれだけ負けていようと俺がキャリーだ。

6.プレイスタイルが合うSUPとDuoする

BOTはDuoのほうが圧倒的優位なのは今も変わらない。
プレイスタイルや気が合うSUPがいればDuoするのは純粋に強い。

ちなみにSUPならJGとDuoも強いと思うが、ADCはSUP以外とDuoするのはトロールだと思うw
Duoも来シーズンはできなくなるという噂・・・。全員ソロだと闇のsoloQ始まりそう。

7.Blitz.ggのビルドは参考にしない

多分Blitz.ggのアプリをインストールしている人は多くて、実際にJGタイマーはかなり便利。
自分も復帰仕立てのときは”こんな便利なものが出来たのか!”と思い、
インストール、使用していたのだが、ゴールドでかなりのハードスタックした。

なんでだろうと見直したところ、op.ggやprobuildと比較してビルドがおかしいチャンピオンがいることがわかった。
(今は使用していないので不明)

JGタイマーはBlitz.gg、ビルドはop.ggやprobuildと使い分けると良いかもしれない。

ちなみにRiot関連ゲームのVALORANTをプレイしている人は、Blitz.ggを使用していると勝手に戦績が保存されるらしいので注意。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください