【LoL】Worlds2019決勝 FPX vs G2

この記事は約 2 分で読み終わります。

マクロ<マクロ<ミクロ。

SKTを圧倒したG2と、トーナメントのマッチ運が良いと言われていたFPXの決勝。

お互いにメタを考慮しないFlex Pickが持ち味。

FPX vs G2

G2ホームなだけあって、歓声が凄いw

Game1、FPXはMidノーチ、G2はMidパイクを選択。

ゲーム開始してからお互いのjgが敵のレッドバフからのスタートをしてるが、FPX Crispがクルーグを狩るのを阻止。
経験値が美味しい中立モンスターなのでこれはでかかった。

お互いmidのroamが強力なので、お互いに注意を払っていたが・・・

タワーターゲットの回し方が完璧すぎる!
レーン戦の段階ではノーチのpush力も相まって、完全にノーチ>パイクの構図。

そして集団戦も・・・

FPXのミクロが強い。特にTianのリーシンが、3ゲーム通してかなり良い動きをしていた。

しかしG2といえば、SKTを破ったレーン戦が終わってからのライズを使ったsplit push!

これに対してSKTはBO5の中で解答を用意できなかったのだが、FPXはしっかり対応してGG。

G2はGame2では積極的に戦いに行く構成、Game3では集団戦重視の構成で臨んだが、FPXはそちらのほうが得意だったようで、あっという間に3-0のストレート勝ちでFPXが優勝した。

結果的にGame1が見てて1番面白くかつ通用しそうだったが、MAPの地形が変わることも踏まえると、来年以降も有効な戦い方かもしれない。

スポンサードとしてあのルイ・ヴィトンが作ったトロフィーケースが、FPXが会場を回っているときに置き去りにされていたのは笑った。意外と重いのかな?

ルイ・ヴィトンとのコラボスキン、FPXの優勝スキンが出るのが楽しみになったWCSだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください