【FF14】ギャザラー&クラフター

この記事は約 3 分で読み終わります。

ギャザラーとクラフターに手を出していく。

料理のために

これまで驚くほどまっったく採集とか製作に手を出していなかったが、そろそろID用の料理を揃えていきたいなと思った。

調べてみると、採集や製作の類は最初からクラスとして習得できたらしい。
全然気づかなかったわ。

さっそく各ギルドに向かい、メガネ天然属性のセレンティピティーちゃんを始め様々なギルドマスターからクラスを習得していく。
ここで習得できたクラスは彫金師。

リストから作りたいものを選択し、地道に経験値をあげていく。
中には他のクラスで使える武器や防具もあるので、できるだけレベルを一緒にあげたほうがいいみたいだな?

途中で鉱石が必要になったけど、レベルあげつつ素材集めしたいなーってことで採掘師に。

最初はただひたすら掘ってるだけで精神的に辛いなーって思ってたら、リーヴと合わせて経験値を稼ぐものらしい。
ID行けるクラスだとまずいなーって思ってたけど、ギャザクラの職を上げる用だったか!

初めての採集リーヴがこんな怖い状況ってどうなの笑
って思ってたら、ステルスで乗り切れた。でも移動がめちゃ遅いからあんまり使いたくない。自由に掘らせてくれ~w

夢中で製作そして素材がなかったら集めに行きを繰り返し、採集と製作を繰り返した。

ギルドマスターに納品するクエストが多く、各キャラクターの性格がよく表されているんだけど、

どうやらエオルゼアの職人にはHENTAIが多いらしい。
俺も製作装備を吟味しつつ、性能重視で装備を揃えた結果・・・

どうみても製作とは無縁な人の格好になった(多分みんななる)。

ギャザクラで気に入ったのは釣りだなぁ。最初は釣り竿が揺れるまで退屈だったんで場所を変えにいき、

釣りギルドのあるリムサ・ロミンサを駆け回ってどのイエロージャケットの娘が一番かわいいか探しにいったり高い場所から釣り糸を垂らしてみたり、

Master Fisherを真似してみたり、

エオルゼアの景観を楽しんだり。

と、ゆったりやっていたらいつの間にか全クラスレベル15に!
ギャザクラ楽しいけどメインクエストの進行がピッタリ止まってしまってバランスがむずかしい。でも楽しい。

各街にあるゴールドソーサーモニュメントの前でフルートを吹いている娘がいて、ギャザクラのクラスを育てればできるかと思ったけどどうやら違ったらしい。

また今後のお楽しみにしておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください