【LoL】日本鯖ランクを回しての感想

この記事の所要時間: 257

日本鯖のランクが始まり、36戦プレイしてきたので日本サーバーのランクの感想。

個人ランクはGoldⅣ辺りをうろちょろ、ほぼソロプレイ。比較対象はNAサーバー。

意図的なFeederやAFKは見ない

チャットで喧嘩をした後にわざとFeedしたり、AFKしたりする人はいない。加えて、日本鯖ではAFKの基準(「誓います」と入力させる警告)が厳しい気がするので、この面では心配することはナサス無さそうだ。

サポートをやりたがる人が多い

NAではfill(どこでも)でマッチングすると6~7割サポートだったが、日本では他のレーンになることもしばしば。流石にミッドには殆どならないが、トップ/エーディキャリー/ジャングル辺りは同じ比率で割り当てられている気がする。プリメイドも多いので、ソロの場合は1つのレーンだけに逃げず、他レーンもある程度練習しないとティアーの昇格は厳しいだろう。

NAの同レート帯に比べて寄りがかなり早い、反面・・・

寄りがかなり早く、ミニマップを見ようと努力している人が多い。ゴールド帯ですら序盤からボットレーンで4vs4が起こるのも珍しくないほど。トップやミッドの人がテレポートを上手く使おうとしてくれているのがわかるので、より効果的な位置に飛べるように、そしてビジョンワードで簡単に壊されないようなワード配置が重要に。

逆に、グループが中盤まで必要ない編成、またはグループすると相手のほうが強い編成でも集まってしまい負けることも、5試合くらいはそれで落としてる。。

なのでチャンピオン次第ではあるが、すぐに集まるのを逆手に取ったスプリットプッシュ、そして他のメンバーがそれをどのように活かすか、人数差をつけられたときに相手をどういなすかが日本サーバーランクの課題だろう。

チャットはほぼ無言状態

長いことソロやスカイプによるプリメイドに慣れてしまっているからか、チャットが全然流れない。ピンを全然鳴らしてくれない人や、試合が終わる直前や終わってから言いたいことを吐き捨てて消える人も。

NAでの名残か名前がひらがな/カタカナなのに時間をかけて変な英語で煽ってくる人もいて、それは少し気持ち悪かった。でも相手が理解さえしていれば英語の短文は意思を伝えるためのキーボード入力が楽なので、それはまた別。

どちらにしろ勝ちたいのならチャットやピンによるコミュニケーションは欠かせないので、これからは積極的に会話していこうとおもう(オープンベータでは無言w)。

プリメイド前提、同じ人と何度もマッチは当たり前

もちろんシルバー~ゴールド辺りが人口は多いようだが、数人で組まれたプリメイドがほぼ混じっていると断言できる。夜でも直近20戦で敵味方含め同じ人と2~3回当たったり、ペアのプリメイドと2連続で当たったりもしたので、日本鯖の全体人口は少ないのかも。

日本鯖で勝つために

日本サーバーでの感想を踏まえて意識していきたいことは、

  1. 実力が似通っているフレンドがいればプリメイドを組むと強い
  2. チャットやピンを大事にする、特に自分のいるシルバ~ゴールド辺りまではこれでかなり変わると思う
  3. プラチナ未満は低レートであることを自覚し、味方と息が合わないと感じたらチーム編成を見て余裕のあるときに意見を言ったり戦略を提案し、味方との意思疎通をしておく。後から文句を垂れるのはダメ

NAと違い自分達の言葉が通じるので、これらを出来ればすぐにゴールド帯くらいは突破出来るんじゃないかなー。

最後に

意識していても止められないし避けられないからプラチナ未満ではマスターイーとマルファイトをバンしてほしいな(切実)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA