【LoL】WCS グループステージ1日目

この記事の所要時間: 749

WCS開幕!

WCS

チームロゴ

2016-wcs-c9-logo

Ctrl+6でチームロゴを掲げられる仕様が帰ってきた!もちろんC9を購入!

試合のある日に150IPで購入できるチャンピオンシップジュエルトークン1個につきジュエルを2個、計15日の日程なので30個のジュエルを獲得することができ、チームアイコンをTier2、更には3までアップグレードできる。

Worlds 2016 Summoner Icon

Worlds 2016 Summoner Icon

うーん、なんか去年のよりダサくなってる気がする。○の形は好きだけど、ただロゴが出るだけ。

2015 World Championship Summoner Icons In Game Emote – PBE Server – League Of Legends

2015 World Championship Summoner Icons In Game Emote - PBE Server - League Of Legends

あまりに出されすぎて邪魔だってクレームが来たのかもしれないけど、それでもやっぱりこっちの方が良かった。

第1戦 G2 vs CLG

第1戦から順に、まずはEUの王者G2 vs CLG。

g2-clg-01

G2の構成はWCS向けパッチでバフされたジェイスを取り入れたEUらしいピック、それに対してCLGは以前でもピックされていたような構成。

幸先よくFBを取るG2。これでマッチアップで辛いボットレーンの代わりにジェイスが波に乗るかと思われたが・・・。

BOTにタワーダイブされ、更にカバーに行こうとしたシンドラも倒されてしまう。そこからは中々流れを掴めずにゲームが進んでいく。

最終的にはCLGの息の合った、見事なイニシエートにより完敗。

g2-clg-02

EU王者がNA4番手(Summer Split)に負けるという皮肉のツイートをされる結果となってしまった。

第2戦 ROX vs ANX

KR王者Rox TigersとIWCQの出場権を勝ち取ったAlbus NoX Luna。

rox-anx-01

今度はジェイスがミッドへ。ヴラッドはあれだけnerfされても連続でピックされるのかと驚いた。

正直ROXが圧倒すると思いきや、まさかのローテーションで有利を取りFBを取る。その後もキル差を維持しつつ試合を進めていく。

ジェイスの強みが出たシーン。こんなの避けれねぇw

しかし、やはり韓国王者。ANXが隙を見せるとひたすら畳み掛け、キル差を逆転、更には広げていく。ツイッターにはアップロードされていなかったが、まだキル差がそこまで無い時にルシアンが迷いなくヴラッドミア相手にフラッシュインタワーダイブして倒し切る等、KR勢は隙を見逃してくれない。

rox-anx-02

このシーンも行けると思ったら超強気のPraY。最後は大量の差をつけられて屈したものの、IWCQ勢もレーン戦では負けていないことを証明する、フラグとなる戦いだった。

第3戦 H2K vs AHQ

どちらが勝つか読みにくい非常に興味のある対戦。Legends Risingに出演していたChawy、スタメンの座を勝ち取れず・・・。プロはどこの世界も厳しい。

h2k-ahq-01

ナーは消えるかとも思っていたがまだまだ健在だった。そしてジンクス登場!

で肝心の試合内容なんだけど・・・ぶっちゃけ序盤は退屈で10分くらい寝てしまった!w
おかげでその後の試合を寝ずにすんでよかった。

ジンクスだからバードQ→ジンクスEが決まってもレーンではそこまで削れないし、マルザとナーがいるからキルも起きにくかった。

カシオペアが涙の次にサッシュを積んでもマルザをソロキルくらいぶっ壊れだったところだけは興奮したけど!

でもやっぱり中盤のコアアイテムが揃ってからのジンクスは強い。ミサイルも申し分ない威力と当たり判定を持っている。というか、RyuってEU LCSのときもだったけど試合が拮抗しているときに、こんな感じで不用意に前に出て死ぬときがある気がする。気がするだけ。

h2k-ahq-02

FORG1VENも落ち着いて、バロンピット内にフラッシュせずに手前から殴っていたら2~3キルくらいは取れていたかもしれない状況だっただけに、キャリーの動きがもったいなかったなぁ。

第4戦 ITZ vs EDG

中国王者EDGと、IWCQで出場権を得たITZ。

itz-edg-01

Lee SIN登場。

ITZ、序盤はBOTレーンが無謀な動きによって有利を作られ、Deftにチームロゴを何回も出されて挑発されまくる。

しかしLegends Risingに登場したRevolta!果敢にBOTとタイミングを合わせてダイブし手助け、

更にTOPではナーとの連係でイレリアをボコボコにし、ナーが完全にゲームを支配する。

一時はIWCQ特有のスローをしかけるかな?とも思ったが、堅実に有利を広げていきGG!

itz-edg-02

チーム紹介時からコメントでBRONZILと煽られていたINTZがEDGに勝利。ほとんどの人が予想していない結果となった。

itz-edg-03

これを真面目にITZに投票していた人は全体の何%だったんだ?w

第5戦 SSG vs SPY

ssg-spy-01

クレッド!!!!と言っておいてなんだが、このゲームはクレッドが役立たずだった。

Ultの使い方も届かなかったり味方がいない横から使ったりと、マルファイトとかでよくね?って感じだった。クレッドじゃなかったらもっと良い戦いが出来ていたと思われる。

FBのシーンでタワーダイブされるとき、レクサイのQでスカールから降ろされた瞬間にコメントがSKAAARLで溢れたとこだけ面白かった^v^

ssg-spy-02

第6戦 TSM vs RNG

一番楽しみにしていた試合。NA Summer Splitで躍進を遂げたTSMはどれほどの力を見せつけてくれるのか期待した。

tsm-rng-01

スカーナーとオレリオン・ソル。両者ともどういった動きをするのか楽しみだ。

・・・と思ったのも束の間、ポーズからのリメイク。

オレリオン・ソルのスキンのバグで、惑星が見えなくなるらしい。

これに対してMeteos本人が

「TSMは以前これをオレリオンソルに対する戦略としてきた、RNGはこれに対して準備するべきだ」とツイートしていたり、(これに対してMeteos’s Egoのツイートかと一瞬迷ったとリプされているのも笑える)

クソコラを作られたりと、TLを賑わせた。

試合はリメイクされ、もちろんオレリオン・ソルは使用禁止に(笑)

tsm-rng-02

表示バグで3picksになったり、タイマーが59 60 59 60と高速でループしたり、試合開始直後にはキャスターが(機器の問題で)RAP GODになったりとネタが溢れる試合になってきたが、

tsm-rng-03

試合が始まると早速素晴らしいプレイが。

Svenskerenの素晴らしいプレイ2連発!ヘカリムを翻弄している。

しかしチームファイトになるとMataのアリスターが存在感を放ち、絶好調であることをアピール、

tsm-rng-04

まさにサポートキャリー。

2016-wcs-day1-result

一日目を終えての結果はこのようになった。

 あとがき

2016wcs%e4%ba%88%e6%83%b3

My Worlds Pick’em燃えたあああああああああ(白目)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA